横浜市都筑区 センター南 歯科 ニュータウンファミリー歯科クリニック

インプラント

  • 最初に乳歯が萌え、それが永久歯に萌え換わります。その永久歯が抜けてしまうと、もう歯は萌えてきません。
    入れ歯を作って歯のかわりをすることになります。
    しかし、そこをインプラントにすると、もう一度自分の歯が萌えてきたようによく噛めるようになります。

    インプラントをご希望の患者さんに対して、まず歯型と断層レントゲン写真を採らせていただき、
    くわしいコンサルテーションを行います。

    患者さん自身の全身的な条件(成人病などの持病がないか)や、局所的な条件(インプラントをささえる骨がしっかりしているか)などを診査し、インプラントがその患者さんに最適な治療法かどうか説明します。

    [1] 世界的に定評のあるアンキロス・インプラント・システム(デグサ社:独)を導入しています。
    [2] インプラントの手術には、外科/インプラント専用システムであるインプラントメッド(WRH社製:オーストリア)を
      導入しています。

症例 1 前歯のインプラント
  • インプラント

    前歯が一本抜けてしまいました。
    いろいろな治療法について説明した上で、インプラントによる治療が最適ということになりました。

    右隣の歯の色も少し変色があります。

  • インプラント

    インプラントが植えられた状態です。
    歯肉のくぼみの中にインプラントの一部が見えるのがわかります。

    このインプラントの上に、ねじ込み式の土台をつけて、その上にセラミックの歯をかぶせます。

  • インプラント

    インプラントの上に、セラミックの歯が入りました。
    外から見ただけでは、インプラントだとはわかりません。

    インプラントの上に歯が出来上がると、今度は右隣の変色した歯の色も、
    きれいに色を合わせて治療することになりました。

  • インプラント

    インプラントの右隣の歯にも色を合わせたセラミックの歯が入り、
    全体的に自然な色の調和のとれた歯並びになりました。

  • インプラント

    笑った時の口元です。
    もうどの歯がインプラントなのか、セラミックの歯なのか、
    また患者さん自身のきれいな歯なのか、まったくわかりません。

症例 2 奥歯のインプラント
  • インプラント

    20年以上前から、下顎には入れ歯が入っていました。
    インプラントにより、入れ歯を入れなくてよくなること、取りはずしのわずらわしさから解放されること、
    また、ほとんど自分の歯と同じ感覚で噛めることを説明しました。

    「是非インプラントにしたい」ということで、治療を行うことにしました。
    この患者さんの場合、左右の奥歯の部分にそれぞれ2本づつのインプラントをすることになりました。
    インプラントを骨に植え込む処置は、左右を1ヶ月間ずらして順番に行いました。

  • インプラント

    左側の奥歯の部分にインプラントが植わっている状態です。
    歯肉の2つのくぼみの中に、インプラントの頭の部分があります。

  • インプラント

    インプラントの上に、ねじ込み式の土台をつけたところです。

  • インプラント

    その土台の上にセラミックの歯が無事入ったところです。
    このセラミックの歯が入ったら、もうすぐ食べ物が噛めます。

  • インプラント

    左右のインプラントの治療が、すべて終了した時のレントゲン写真です。
    左右の2本づつのインプラントが、きれいに平行に植立しているのがわかります。

    この時、インプラントの治療のくわしい説明をしてから約5ヶ月たっています。患者さんからは、
    「自分の歯がまた萌えてきたような感覚でよく噛める」と言われました。
    また、出かける時、入れ歯をどこかに忘れたとか、入れ歯の手入れがたいへんとか、
    もうそういうことはありません。

  • 横浜市都筑区 センター南 小児歯科 矯正歯科 ニュータウンファミリー歯科クリニック アクセス